2017/06/24

小学生のみなさん,ミニチュアハウスをつくってみませんか?

皆さん、こんにちは。学長室ブログスタッフのSです。

建築学科で取り組んでいる女子キャリア教育プロジェクト「びんご建築女子」の新たな活動として、小学生を対象とした工作教室が開催されることになりました。

既に、本学プレスリリース建築学科HPにて開催の案内をしていますが、実行担当をしているびんご建築女子の運営メンバーから開催に向けた準備やメッセージが届きましたのでご紹介します。

それでは、運営メンバーの内藤さん、よろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
びんご建築女子運営メンバー、建築学科3年の内藤諒子です。

8月9日(水)にびんご建築女子の企画で“子ども建築模型教室”を開催します!

小学生を対象にした夏休みの工作教室です.30分の1のミニチュアハウスをつくります。
詳細はブログの最後にあるポスターをご覧ください。


今,びんご建築女子運営メンバーの中から有志が集まり模型教室の企画をし、分担を決めて準備をしている真っ只中です。先日、担当の先生に付き添ってもらい、大学近くにある小学校を訪問して子ども模型教室の宣伝をしました。

何個も試作をつくって,小学生がつくりやすいキットを考えています
子どもたちが模型づくりを通して、楽しく建築を学んでもらえると嬉しいです。当日に向け、メンバー全員で力を合わせていきます。

屋根がはずれていろんな家具をおける,こんな模型がつくれます

参加希望者は,7月1日から6日の期間にメールで申し込んでください。
応募者多数の場合は,抽選とさせていただきます。

一緒に楽しく工作をしましょう。ぜひ参加してください!


   ■参加申し込み先    shinko@fuarc.fukuyama-u.ac.jp
         件名:子ども模型教室
         内容:氏名、学年、住所、電話番号、Eメールアドレス


学長から一言:楽しそうですね~~子どもさんは、楽しみながら、夏休みの自由研究もバッチリ!!学生さんは、苦労しながら、楽しみながら、アクティブ・ラーニングもバッチリ!!

2017/06/23

平成29年度一般奨学生認定証授与式

学長室ブロガー,学生委員会副委員長の石丸(経済学科)です。

先日,平成29年度に福山大学一般奨学生に選ばれた学生17名のうち,授業等の関係で参加できない8名を除いて,9名に対して認定証授与式が執り行われました。


福山大学一般奨学生は,前年度の成績が特に優れている学生の中から選考されます。全学3,500人余りの学生の中から,今回は17名が選ばれました。


本学の奨学生規程では,その資格として「学業成績優秀,品行方正であり,他の学生の模範になると認められる者」とありますので,とても優秀な学生たちです。今後の活躍にも期待せざるを得ません。

 【みんな緊張の面持ちです】


ちなみに一般奨学生に選ばれると,その特典として,薬学部生は年間授業料のうち50万円が,その他の各学部生は30万円がそれぞれ減免されます。その点でもとても親孝行な学生たちです。








【松田学長から認定証が授与されました】

【参加者全員で記念撮影】

おめでとうございます!今後もその調子で頑張ってください!

****

学長より一言:様々な大学での活動で、そしてとりわけ学業面で、皆の模範となる素晴らしい学生達です!写真の顔が、皆輝いていますねッ!!!おめでとう~~

工学部棟にレーザー加工機導入!

こんにちは。工学部スマートシステム学科(フェイスブックはこちら)学長室ブログメンバー、伍賀です。今回は、最近、工学部棟に導入された加工用のNEWマシン、レーザー加工機 Trotec Laser Speedy 400 を紹介します。

この機器は、工学部の「デジタル・ファブリケーション(デジタルものづくり)」を目指した整備の一環として導入されました。オーストラリアのtrotec社のCO2レーザーを搭載し、最大で縦60cm横100cmの大きさの部材が加工できる機械です。

また、下の写真のように、工学部棟1Fの「みらい工学・エリアプロダクトプロジェクト室」に大型の粉塵器と一緒に設置されました。この設備で、様々な材料の加工をより快適に行うことが可能になりました。

レーザー加工機@みらい工学・エリアプロダクトプロジェクト室

今回のレーザーカッターの導入にあたり、5月末の納入のタイミングで使い方の講習会が開かれました。アクリル板、ベニヤ板、スチロール板、紙等々の部材を加工するデモがありました。

人と比較した大きさ(建築学科佐藤教授・酒井講師)

このレーザー加工機はPCからコントロールされ、PCにはレーザー加工機用のソフトウェアをインストールする必要があります。一度、設定してしまえば、イラストレーターやインクスケープのようなソフトで、プリンターで画像を印刷するように、手軽にレーザー加工ができます。下の写真は、レーザーでの彫刻と切断(文字の切り抜き)の様子です。

 
 2mmアクリル板に「福山大学」と彫刻、切抜き

対象物の材質と厚さによって、レーザーのパワー、スピード、波長などを細かくセッティングします。下のように、5mm厚さのガラス色アクリル板は調整がなかなか大変でしたが、スパっと切り抜くことができました。


その後、私も個人的に使ってみました。レーザーの細かい設定をテストするために、パラメータを微妙に調整し、〇の形を切り抜いてみました。パワーが弱すぎる、あるいは速度が速すぎると、溝だけができて切抜きに失敗します。また、パワーが強すぎる、あるいは速度が遅すぎると、部材が燃えてしまいます。下は、0.2mm厚さの白色ポリスチレン板ですが、右上は切抜き失敗、左下は燃えてしまいました。
 0.2mmプラ板・木材でのテスト

部材を厚紙、プラスチック板、画用紙と変更し、研究室のカードを作ってみました。これまでNC(数値制御)加工機、3Dプリンタなどを使ってきましたが、レーザー加工機は圧倒的に高速で、美しい仕上がりです。文字が多かったり複雑で細かなデザインだと時間がかかりますが、それでも数分で処理が終わります。3Dプリンタや、NC加工機なら1時間以上かかる処理なので、とても便利ですね。ただし、特性上、紙や木の素材の切断面が焦げてしまうのは、仕方ないようです。

 部材を変えて製作した名刺サイズのカード

いままであった3DプリンタやNC機械に加えて、強力なツールが導入され、可能性が広がりました。下は、5mm厚さのガラス色アクリル板を切り抜いて作ったキーホルダーです。この夏のオープンキャンパスの工作教室(スマートシステム学科)では、早速、このレーザー加工機を使ったものを提供したいと思っていますので、ご期待ください。
ガラス色アクリルを使ったキーホルダー


学長から一言:大きな可能性を持った機械の導入ですねッ!!!この可能性を教育にどう生かして、何を生み出すか。。。教員の力が試されていますよッ!!!

2017/06/22

今年もオープンキャンパスを開催(予告)!

こんにちは。学長室ブログメンバーのmiuraです。

日本列島は現在、梅雨の真っ只中ですね。梅雨が終われば、今年も暑い暑い夏がやってきます。
高校3年生にとっては、これからの進路を左右する受験シーズンの到来です。

今年も福山大学において7月1日(土)の第1回見学会を皮切りに、7月16日(日)の第1回体験入学会、8月20日(日)の第2回体験入学会、9月16日(土)の第2回見学会とオープンキャンパスが行われます!


昨年の様子
松田学長も、ロボビーやふくりんと一緒に盛り上げました。


ここで、福山大学のオープンキャンパスを簡単にご紹介します!
本学のオープンキャンパスは、見学会体験入学会に分かれています。

見学会は午後1時からの開催で、主な内容としては大学説明、学部・学科説明そして施設見学などです。本学の教員達と共に学内の施設を巡ることで、本やインターネットでは得られない、新しい発見があることと思います。

機械システム工学科の施設見学の様子
生物工学科ではワイン醸造所を見学

体験入学会は午前9時30分から開始し、大学説明や学部・学科説明に加え、模擬授業、実験・実習など、一日をかけてより深く大学での学びを体験することが出来ます。

その他サークル紹介や学内見学ツアー、ランチ無料体験(とってもおいしく、ボリューム満点のランチです)もあり、高校生の皆さんにキャンパスライフをイメージしていただけるようなラインナップをご用意しています。

参加者全員にオリジナルグッズも配付しますので、お楽しみに・・・!


薬学部では調剤を体験

建築学科では模型作りを体験

心理学科の模擬授業
また、見学会・体験入学会と共に、毎年好評をいただいている個別相談コーナーや、女子高校生におすすめのGirl’sトークを今年も企画しています。

進学に関する様々な疑問や不安を、本学の教職員や学生に直接相談することができます。

個別相談コーナー

Girl'sトークでは女性同士で気軽に話ができます

ちなみにこちらも毎年好評、セグウェイの乗車体験コーナー

このように福山大学のオープンキャンパスでは、高校生の皆さんに大学での学びを知っていただけるよう、毎年様々な企画を用意しています!進路に迷っている高校生の皆さん、是非、福山大学のオープンキャンパスに参加してみましょう!

教職員一同、またイメージキャラクターであるふくりんも、皆さんの参加をお待ちしています!



学長から一言:7月1日は、例年大人気のオープニングセレモニーのサークル発表の後で、学長の私も10分(わずか10分!)で福山大学の紹介をします。。。スライドの用意もだいたいできました。。。高校生の皆さんの進路選択に役立つ、良い出会いのあることを期待していま~す!!!

2017/06/21

福山大学留学生による多国籍料理教室を開催!

みなさん、こんにちは!学長室ブログメンバーの国際交流課 神原です。

今日は、先日開催された「福山大学留学生による第2回多国籍料理教室」について、国際センターの趙建紅准教授に報告してもらいます。

第1回料理教室の様子は、こちらから

**********
 去る6月17日(土)に福山大学留学生による多国籍料理教室の第2回目-爽やかベトナム料理-が松永コミュニティーセンターで開催されました。

 今回の料理を教えてくれたのは、経済学部国際経済学科 2年次生のLE MANH LINH (レ マンリン)君 と、同学科1年次生のNGUYEN NGOC THUY(グエン ゴック トゥイ)さんでした。リン君は、流暢な日本語で現在のベトナムの現状や、ベトナム料理について説明し、その後、トゥイさんが鮮やかな包丁さばきで作り方を披露し、参加者を唸らせました。

向かって右から
トゥイさん、リン君、趙准教授

 今回2人が紹介した料理は、ベトナム料理の定番「フォー」(ベトナム風「牛肉麺」)と、ベトナム風サンドイッチでした。
パクチーやレモングラスなどの珍しい食材にみなさん興味深々



現在、福山大学には10名のベトナム人留学生が在籍しています。当日は、ほぼ総出で料理教室に駆けつけてくれました。彼らは、各グループ内で本場の味付けを教えながら、市民の方々や、本学の日本人学生と親交を深めました。



また、リン君のクラスメイトをはじめ、国際経済学科トップ10プロジェクトのメンバーで、夏休みのベトナム研修を控えた学生も多数来場し、いち早くベトナムムードに浸りました。


会場全体に芳ばしい香りがたちこめたところで料理が完成。



当日は、国際センターの岩本国際センター長、李留学生部長、国際経済学科の足立教授、ビセット准教授も応援に来て、料理教室は、終始和気あいあいと、とても楽しかったです。

次回の福山大学留学生による多国籍料理教室は、バングラデシュのカレー料理を紹介する予定です。

学長から一言:ベトナム料理はまだ食べたことな~い。。。でもこの写真を見ると、いい香りが漂ってくるようですねェ~~おいしそう!!!国際交流をかねた、ステキナ催しでしたねッ!!!

2017/06/20

春季リーグ戦閉幕、福山大学から首位打者賞、ベストナインが2名選出!!


皆さん、こんにちは!福山大学硬式野球部の安藤です。日ごろから硬式野球部への多大なるご支援・ご声援をいただきまして、誠にありがとうございます。


先日、倉敷マスカットスタジアム等で行われた春季リーグ戦の終了報告のため、学長室を訪問しました。


(首位打者賞のトロフィーやベストナインの盾を手に取る松田学長)


春季リーグ戦では、福山大学より首位打者賞とベストナインが選出されました。
 
写真の右側にいる学生が、二塁手としてベストナインを受賞した中間雄樹選手(経済学部経済学科3年:広島県総合技術高等学校出身)です。

続いて、左側の学生が、首位打者賞と指名打者部門でのベストナインを受賞した小寺一輝選手(経済学部経済学科3年:呉市立呉高等学校出身)です。打率は3割9分8厘でした。



 

松田学長より、秋季のリーグ戦に向けて練習を重ねる選手たちに励ましの言葉がありました。





トロフィーと盾を手に松田学長と記念撮影です。


秋季からチームが新体制となり、小寺選手が主将となってチームを牽引していきます。秋季リーグ戦こそは王座奪還を目指して頑張りますので、今後とも硬式野球部をよろしくお願いいたします。


学長から一言:小寺君、中間君、おめでとう!!!首位打者賞やベストナインの選手がいてもなかなか勝てない、というところが、チームで戦うスポーツの良さと面白さでしょうねッ。。。秋季のリーグ戦、期待していま~す!