2017/10/20

平成29年度第3回福山大学公開講座「絶滅の危機に瀕する備後藺草と『備後表』」を開講!

こんにちは、学長室ブログメンバーのmiuraです。
今回は、平成29年度第3回福山大学公開講座の様子をお伝えしたいと思います。

福山大学公開講座は、福山大学教員の研究成果を地域社会に公開し、社会の人々に生活及び職業上の専門的な知識と一般教養を高める学習機会を提供し、生涯学習の振興と文化的、産業・経済的な発展に寄与する目的で、毎年、9月中旬から10月下旬にかけて5回シリーズで行っています。

(前回までのブログ記事はこちら!: 平成29年度第1回福山大学公開講座を開講!次回は9月30日/「平成29年度第2回福山大学公開講座を開講!次回は10月7日」)

今回の講座は、工学部建築学科佐藤 圭一教授による「絶滅の危機に瀕する備後藺草と『備後表』」です。

講座の様子
皆さんは「備後表」という言葉を聞いたことがありますか?

「備後表」とは、備後地域産の畳表(畳の表面につけるござ)のことで、肥後表(熊本県)やビーグ表(沖縄県)などいくつかの現存産地の表の中でも最高級品として知られているそうです。

ところが現在は後継者不足など様々な理由から、備後地域での藺草栽培はほとんど行われていません。

佐藤教授は備後藺草の継承と保全という観点から、その問題に対し、学生と共に備後藺草を栽培するという実践を通して取り組んでおり、講座ではその経験を交えながら話しました。

また、備後地域で独自に発展した「中継織」という技術についての話もありました。「中継織」とは、比較的短い藺草の穂先を中央で組み合わせて畳表を織る技術のことです。元々は長い藺草で作ったものが高品質とされていたのですが、長い歴史の中で技術や生産性を向上させ、国宝や文化財のための高級品としても用いられるようになったそうです。

実際の藺草を用いながら説明する佐藤教授
この「中継織」の技術も手織り職人の減少と後継者不足が問題となっており、中継表を一般で手に入れるのは非常に困難なのだそうです。

佐藤教授はこの技術の保全・継承にも取り組んでおり、栽培した藺草を用いて学生が実際に中継表を製織し、更にそれを用いた仮設の茶室設計まで行ったそうです。

他にも、現存するものの少ない手織機を図面に残したり、備後表をユネスコ無形文化遺産に登録する活動など、様々な観点から備後表の保全・継承活動に精力的に取り組んでいるそうです。

工学部棟に展示されている仮設和室の前で、
備後藺草と中継表を紹介する建築学科の学生さんたち

余談ですが、ある受講者の方は岡山出身とのことで、その方が幼い頃は近所で藺草栽培が盛んだったそうです。「昔はよくこういう光景を見たんだけどね」と学生が藺草を栽培する様子について、幼少期の思い出を聞かせていただきました。

今回の講義を聞いて、きちんと保全・対策をしなければ間もなく失われてしまうような伝統が、こんなに身近にあるということに驚きました。日本各地にあるこのような貴重な伝統技術に、これからもっと目を向けていきたいですね。


学長から一言:日本の住居といえば、畳、障子、襖、そしてこれからはそこに「こたつ」ですが。。。この捨てがたい空間を守るのもなかなか大変になっているのですねッ!人手をへらし省力化するスマート栽培法の研究も工学部と生命工学部が協力すれば。。。可能かな?!?

2017/10/19

【スマートシステム学科】IGNITION FUKUYAMAに参加します!

こんにちは、工学部スマートシステム学科フェイスブックはこちら)の学長室ブログメンバー、伍賀です。

来たる10月21日(土)10:00~17:00、福山駅から西へ徒歩数分のエフピコRim7階ものづくり交流館において、IGNITION FUKUYAMA(イグニッション福山)が開催されます。




■IGNITION FUKUYAMA(イグニッション福山)

あなたは、あなたのお子さんは、

どんな未来に生きるのか?

そのヒントが見つかるはずです。


これは、テクノロジーを使って福山市と未来を結ぶイベントです。「IGNITION」とは「点火」「発火」という意味の英語です。このイベントは最先端技術に関するトークショーや体験を通して、子供から大人まで、新しいなにかを感じて、学んで、そして動いてもらうための「発火装置」となることを目指します。

デジタルやインターネットなどのIT(情報技術)はもはや私たちの日常に欠かせないものになりました。それらのITを用いて新たな時代を考えたり、端末などに触ったりするのは、まさに「未来」を先取りすることと言えます。(IGNITION FUKUYAMA ウェブページより) 

我々、スマートシステム学科は、プログラミング大作戦(申し込み不要・先着制)という企画に協力します。この企画では、レゴNXTを使用して、賢いロボットの動かし方、プログラミングの方法をぎゅっと凝縮して1日で学んでしまおうという画期的なものです。このイベントには、当学科の4年次生と1年次生が協力して担当します。下の写真のように組み立てたロボットを動かす予定です。

 4年次生が組み立てた試作ロボット

当日は、学生が中心となり日ごろの勉強や学修の成果を発揮して、ロボット教室を運営してくれるので、ご期待ください。

ロボットの準備する4年次生(ご苦労様です!)

このイベントには、各界の第一線で活躍する、クリエイター、小説家、ゲーム作家、プログラマーの方々の講演などが予定されています。福山大学からは、スマートシステム学科の他に、生命工学部海洋生物科学科、人間文化学部メディア・映像学科が参加します。皆様のご来場をお待ちしています。

IGNITION FUKUYAMA(イグニッション福山)リンク:https://www.igntn.net/players/


学長から一言:子どもに、未来を覗いてもらう、という趣向なのですねッ。。。それも傍観者としてではなく、参加者として。。。面白い!!スマートシステム学科の学生の皆さん、子どもの未来のために、がんばって!!!

生命栄養科学科主催 「高校生アイデアどんぶり選手権」受賞作品のどんぶり試食レポート!

こんにちは。生命栄養科学科の学長室ブログメンバー、Kです。

10/8の記事でご紹介したように、本学科主催の「第7回 高校生アイデアどんぶり選手権」にて食堂賞に輝いた2作品が、10月16日~20日の期間限定で、学生食堂や福山SAで食べられます。

そのうち、学生食堂で提供されたどんぶりについて、本学科山本助手よりレポートが届きました。

***

まずは、カフェテリア爽風(第一食堂)で提供されている「たことササミのジャンバラヤ丼」です。

福山SAでも提供中ですが、そちらはアレンジの加わったSAオリジナルバージョンです。
対して、カフェテリア爽風のものは高校生のレシピを再現しています。


ポップとともに、どんぶりの見本が飾られていました。おいしそう。

食堂の方にどんぶりの売れ行きを尋ねてみると、たくさんの方が買って下さっているとのこと。期待が高まります。

比較的空いている時間だったので、すぐに食べることができました。

 

見た目からはしっかり味付けされている印象を受けますが、食べてみると意外とあっさり。
たこと鶏肉はすこしピリ辛の味付けですが、けして濃すぎず、でもご飯の進む、ちょうどよい味付け。
ご飯にも味がつけてありますが、薄味でさっぱり食べられました。



続いて、第二食堂の「具タップリスタミナ丼」。こちらは本学第二食堂のみで提供中です。


名前の通り、具がタップリのっており、ご飯の上には甘辛いたれがかかっています。
いろいろな具材の味を楽しめて、最後まで飽きが来ることなく食べられました。
また、お好みで辛子ポン酢をかけることもできます。
甘辛たれがかかっているのにポン酢??と思いつつかけてみると、意外にも相性抜群!
さっぱりした味付けになり、おいしく完食しました。

どちらのどんぶりも、今週20日(金)まで食べることができます。
ご興味のある方は是非!


学長から一言:みなさん、やや高齢者向きと若者向きです!とってもおいしいですよ! 今日と明日で終わりですよ!一見、一食の価値あり!

2017/10/18

日本語検定 3年連続団体賞受賞!

大学教育センターの学長室ブログメンバーT&Wです。今回は、日本語検定のうれしいお知らせについてのミニレポートです。




日本語検定(前期6月10日実施)でのすぐれた成績をあげた団体に贈られる特別賞を、福山大学は今年も受賞しました。これで3年連続の受賞となります。過去2年は「日本語検定協会 特別賞」、今年は「東京書籍賞 優秀賞」です。近日中に日本語検定協会のホームページにも載る予定です。

日本語検定3級はレベルとしては高校卒業程度です。とは言え、多くの企業の社内研修でもこの日本語検定が導入されており、有名企業でも入社試験において、この検定合格者を優遇しているところがあります。この日本語検定の受検を、1年次共通教育の必修科目「日本語表現法」のなかで全員に勧めるとともに、検定に向けた演習を、授業や学内の学修支援システムCerezo上でも重ねています。教職課程を履修する1年生にも、今年から受検を勧めました。
大学は、資格取得支援の一環として学生の個人負担を少しでも軽減するために、検定料の約3分1の補助をしています。

データでみると、新入生の約65%が受検し、その84%が認定(あるいは準認定)という結果です。これをより向上させるために、学修内容の見直しなど、検討をまた始めているところです。
まもなく後期の検定も行われます。検定が終わっても、日々、私達は日本語のより良い在り方を求めていかなければなりません。


学長から一言:3年連続の入賞、おめでとうございます。。。誰がおめでたいかというと、先輩達の後を追ってしっかり日本語を学んだ新1年生達、そして毎年指導法の工夫を重ねながら日本語による表現法を教えている先生方!!!「お・め・で・と・う!」
 

自主ゼミ「F4」、今年も「社会人基礎力育成グランプリ」にエントリー!

こんにちは、学長室ブログメンバー、大学教育センターの前田です。

昨年初めて出場したものの残念ながら受賞には至らず、悔しい思いを胸に松山大学から帰ってきた思い出のコンテスト、、、「社会人基礎力育成グランプリ」!

「次回こそは、絶対入賞!」とリベンジを果たすべく、今年も自主ゼミ「F4」のメンバーでエントリーをおこないました!そのエントリー報告と現在の取り組み状況について、松田学長に報告をおこなってきましたので、今日はその様子をお伝えします。


はじめに、学長室を訪問したF4メンバー8人による自己紹介です。今年からF4に入った1年次生の5人は、初めての学長室訪問ということもあって緊張気味です。

緊張した様子の1年次生たち
高橋さん(心理学科1年)、葛嶋君(経済学科1年)行廣君(スマートシステム学科)
伊藤君(生物工学科1年)、大久保君(生物工学科1年)

自己紹介が一通り終わると、昨年に続き今年もF4のリーダー(ゼミ長)を務めている稲垣君(生物工学科3年)より本年度の取り組み内容について説明がありました。

出場に向けての意気込みを語るリーダーの稲垣君

「今年は、昨年度と比べて特に力を入れてきた『地域の人々との連携』と、大幅に増えたメンバーとの『チームワークの強化』について、発表をしていきたい」

と、グランプリ地区予選に向けての抱負を語ってくれました!

そして、稲垣リーダーに続き、今年度の発表予定メンバーである藤井さん(心理学科2年)、大久保君(生物工学科1年)も、出場に向けての熱い想いを語ってくれました。

「自身の成長につなげる挑戦の機会にしたい」藤井さん

「先輩達から教えて頂きながら精一杯頑張りたい」大久保君

今年度の社会人基礎力育成グランプリ中国・四国地区予選大会まで、残り約1ヶ月半。長いようで短いこの期間を計画的に過ごして、昨年の反省もしっかりと踏まえながら、スライド制作、発表練習に頑張って欲しいと思います!

F4のみんな!今年度頑張ってきた成果がしっかりと伝わるプレゼンを準備して、今年こそ念願の全国大会出場だー!おーーーーっ!


■「社会人基礎力育成グランプリ出場」に関する過去の投稿はこちら
 ・学生グループ「F4」、社会人基礎力育成グランプリ地区予選に出場!
 ・学生グループ「F4」、昨年の活動報告と今年の意気込みを語る!

学長から一言:社会人基礎力養成という、今大学生に最も求められている力を大学生が競うのですから、暑くなりますね!!!がんばって!!!入賞報告を待っていま~す!!!

2017/10/17

新調査船「爽風丸」がやって来た!!(海洋生物科学科)

こんにちは。海洋生物科学科・学長室ブログメンバーの Kenji♪ です。

今回は、福山大学因島キャンパスに新たに配備された調査船「爽風丸(そうふうまる)」の紹介です。

因島キャンパスに在る内海生物資源研究所・所長の有瀧教授から、「爽風丸」のレポートが届きましたので紹介します。

-----------------------------------------------------------------
因島キャンパスでは、瀬戸内海をモデルとして海洋生物を「育てる」「守る」「探る」「利用する」の観点から研究・教育活動を進めています。

ただ、これらの目的を達成するためには相手をよく知ることが重要になります。

すなわち、調査ですね。これまでも、沖合は実習船の第二爽風丸で定期的にプランクトンネットを用いて、魚の卵や仔魚(魚の赤ちゃん)を採集してきました。

第二爽風丸
          
また、クロダイ、スズキ、メバル、シロギス等、皆さんにおなじみの魚は、稚魚(魚の子ども)になるとごく浅いところで生活するため、藻場や砂浜海岸を人力で網を曳いて調べています。


沿岸調査
              
ただ、藻場や砂浜には残念ながら大きな船では入って来れず、人の背が立たないような調査場所がぽっかりと空いてしまいます。
そこで、この度新たに小型の船外機船を配備し、機動的で緻密な調査のできる体制を整えてもらいました。

新船の名前は・・・「爽風丸」
これは、因島キャンパスの黎明期を支えた調査船の名にあやかっています。
全長6.2m、幅1.9mの0.7トン、定員6名で50馬力のエンジンを積んでいます。

新たに仲間入りした「爽風丸」
来年度には小型の地引網も作製し、爽風丸を用いて調査研究に活用しようと考えています。
今から楽しみです!!


学長から一言:福山大学の本部キャンパスにも爽風が吹いていますよ!1号館に囲まれた庭の名前は「爽風の庭」です。きっと「爽風」には、創設者・宮地茂の思いが詰まっているのでしょうね。。。そういうわけで、この夏、1号館の第1食堂を改装した折には、「カフェテリア爽風」と名付けたのですよッ!「爽風丸」の活躍を期待しています!



2017/10/16

ブルガリア・ヴェリコタルノヴォ大学からの留学レポート~第2弾~

みなさん、こんにちは! 学長室ブログメンバーの国際交流課、神原です。

現在、ブルガリアのヴェリコタルノヴォ大学に留学をしている操田慎哉くん(経済学部 国際経済学科)から、2回目の留学レポートが届きましたので、紹介します。(1回目のレポートはこちらから。)


********************

 今回のレポートは、ヴェリコタルノヴォでの国際交流について書きます。

 私の両隣の部屋には、イギリス人とスイス人が住んでいます。彼らとは、英語でコミュニケーションをとるのですが、自分のスピーキングイングリッシュはまだまだだなと、思わされます。しかし、これをモチベーションに「もっと語学を勉強しよう!」という気持ちが強くなります。

 また、私は福山大学で第2外国語としてドイツ語を履修しており、ヴェリコタルノヴォ大学でもドイツ語を履修しているので、スイスの人には、たまにドイツ語で話しかけてみます。 彼らと一緒に、街のセンターのレストランに行って、話をして交流を深めています。
 
  これ以外にも、ESNというエラスムス留学生の交流会にも参加させてもらっています。このグループは主にトルコ、ポーランド、イギリス、スイス、ギリシャ、フランスなどのヨーロッパ各国の学生が多いです。(アジア人は私だけ) 私は、エラスムスの留学生ではないですが、彼らは、フレンドリーに声をかけてくれ、そのグループに入れてくれました。そしてそのグループで行われるゲームやパーティに招待してくれました。こういったパーティに参加することでいろんな国の人と交流ができるので、自分への良い刺激になります。



 
 最後に、10月2日に大学のオープニングセレモニーがあり、その式に参加しました。こちらの大学のセメスターの始まりは秋からなので、この日は、多くの人たちが集まっていました。
 
 その後、私は、日本語学科のオリエンテーションに参加させてもらい、そこに所属している学生とほんの少しですが、交流することができました。多くの日本語学科の学生は、最初話をかけてきてくれませんでしたが、自分から積極的に声をかけていき、コミュニケーションを取りました。彼らは、「自信がありません」と言いますが、かなり日本語を理解しているので普通に会話はできました。

 こんな感じで、今回のレポートは、ヴェリコタルノヴォでの国際交流について書かせていただきました。

********************

学長から一言:素晴らし~い国際交流が進んでいますねッ!積極性と協調性が、操田君の国際交流を進める両輪になっていますねッ!素晴らし~い!!!