2017/02/27

「学び」「伝える」ための根を張ろう-人間文化学科「社会人話し方講座」

学長室ブログメンバーの人間文化学科Sです。こんにちは。

今回は、2月16日に行われた「社会人話し方講座」についてお伝えします。この講座は、

(1) 企業実習に参加した3年次生からの報告
(2) 実習先企業(受入ご担当者)からの講話

という二部構成です。「働く」ことについて考えるべきことはどのようなことなのか。資格も大切ですが、それ以外にも大切なこと、学生時代に取り組めることはたくさんあるのではないかと考えさせられる講座でした。以下、青木美保教授からの報告です。

++++++++++++++++++++++++++++++++

人間文化学科では、学科の専門課程における学びを社会で活用するために、企業における実習を取り入れている。人間文化学科のディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)においては、言語運用能力を身につけることを挙げており、その実践的活動が「社会人話し方講座」である。

この実習を受け入れてくださるのは、福山ツーリスト株式会社株式会社ロイヤルコーポレーションの二社である。毎年、夏休みに1人ずつを受け入れていただいている。その報告会を、2月16日に行った。これを聞くのは1・2年生で、就職についての意識啓発のために行っている。
 

まず、実習を体験した二人の学生から、パワーポイントでの10分ずつの報告があった。
 

福山ツーリストで実習した河本莉佳さんは、原敬所長の営業活動に同行させていただき、その話術や人文学が様々な企業の企画を生む発想につながることを学んだということであった。
河本さんによる発表
また、ロイヤルコーポレーションで実習した杉本光君は、営業の方についていただき、普段の営業においては、相手が話しやすい雰囲気を作るための会話力が大切だということをを間近に体験して知ることができ、社会におけるコミュニケーション力の基礎をまなぶことができたという話をしてくれた。
杉本君による発表
二人の活動報告の後、ロイヤルコーポレーションの杉原道彦部長さん、福山ツーリストの原敬所長さんにそれぞれ講話をいただいた。杉原部長さんは、ご自身郷土史に深い関心を寄せておられ、文化を学ぶことが社会生活を送るうえで重要であることを話された。ロイヤルコーポレーションでは、お客さんへの質の高いサービスを提供するために、社員自ら感性を磨くための工夫をしているとのことである。生花を習ったり、ディズニーランドでサービスについて研修したり、また、普段から様々な話題に関心を持って雑談力をきたえることが営業マンにとっての仕事であるとのお話であった。
杉原さんの講話。普段は聞くことのできない企業の取り組みの中には意外なことも。
原敬所長さんは、営業においてはユニークな発想が大事だということを強調された。それを生むのは人文学の勉強であるとの強い自論をお持ちである。お話の中では、常にユニークな質問を学生に投げかけて、すぐ答えさせるという対話における即興力を鍛える訓練の一端を経験させられた。営業マンは即座の機転が大事だとのことであった。
原さんの講話。痛快な語り口と質問で学生を引き込んでいく。
学生の感想には、

・企業や社会で生活していく中で、一つの話題をふくらませる力、コミュニケーションの大切さを学ぶことが出来た。

・会話力は、大学の授業で知識を身につけることで養われることを知りました。

などとあった。次年度の実習を希望している者は、直後の調査で14名である。企業の方からも、次年度もこの行事を続けたいとのお話であった。座学が中心の人間文化学科では、何らかの方法で専門の授業と社会との接点を持っていくことが必要だと感じている。


学長から一言:人間文化学科の実践的な授業ですね。。。コミュニケーションは、ヒトが人間になるための基本のキ!!!学生の皆さん、がんばってッ!!!



尾島名誉教授が「ふくやま環境賞」表彰!!

みなさん、こんにちは、大学教育センターの津田です。

尾島名誉教授(学校法人福山大学宮地茂記念館 館長)が、2017(平成29)24()に福山市より「2016年度ふくやま環境賞」を受賞しました。

「ふくやま環境賞」は、①地球温暖化活動防止、②3R(スリーアール)推進活動、③環境保全活動など、環境にやさしい取り組みを実施する団体、事業所、個人等を表彰し、その活動をより一層発展させることを目的としたものです。

今回の「ふくやま環境賞」では、団体部門で3団体、事業所部門で1事業所、個人部門で2名、事業系一般廃棄物多量排出事業者部門で1事業者が表彰され、尾島名誉教授はそのうちの個人部門の1名として表彰されました。


【福山市環境啓発課】

【ふくやま環境賞表彰式 福山市提供】

尾島名誉教授は、広島県東部を流れる一級河川芦田川について、1990年から芦田川下流水質浄化協議会の委員として、2002年からは会長として、芦田川の水質改善に向けた行動計画・各種施策立案に関わりました。また福山市環境審議会会長としても、環境行政の方向性や施策に関わりました。

また芦田川の水環境の改善を目的として、芦田川の現地において水質浄化の実験をおこない、水質・自然環境の保全に向けた環境教育の普及に寄与するとともに、その研究成果は学会で発表してきました。

【芦田川水質浄化実験水路】

現在はボランティア活動組織「あしだ塾」を設立。その活動内容は芦田川流域の自然環境や生物に関する学習活動、観察・調査活動、広報・啓発活動をとおして、芦田川流域の現状や自然環境を理解するとともに、改善のために行動することを目的としています。

学識者や水質又は自然環境の保全に取り組む市民団体、行政OBなどと連携し、芦田川流域の水質・生物調査を継続的に行い、次世代を担う高校生などの学生に向けの講演会や研究発表会の開催、小・中学生などの生徒に対しても出前授業を行うなど、芦田川流域の水質等保全活動を通じて、様々な環境活動の啓発活動に積極的に取り組んでいます。

尾島名誉教授、おめでとうございます!!

20165月には公益社団法人日本河川協会から平成28年度河川功労者としても表彰!


学長から一言:尾島名誉教授は、現在学校法人福山大学宮地茂記念館 館長として、バリバリの現役です。。。私と同い年の、後期高齢者の星!?!まだまだ右端の若造(尾島名誉教授の愛弟子の津田講師)には負けません!?!

2017/02/25

「第8回全日本EV&ゼロハンカーレースin府中」開催!~機械システム工学科生奮闘記(その1)

こんにちは機械システム工学科のKです。
先週の日曜日(2/19)に広島県府中市桜が丘グランドで「8回全日本EV&ゼロハンカーレースin府中」が開催されました。
福山大学工学部機械システム工学科はレースの運営を第1回大会から担当しています。
大会は19日(日)ですが18日(土)から準備は始まっています。
18日(土)に福山大学機械システム工学科の学生によるコースの設営です。野球場のグランドに1周約400mのコースを作ります。





コース設営後にはコース確認のための試験走行です。明日の本番に向けてしっかり調整しました。




--------------------------------------------------------------------------------
いよいよ大会当日です。
大会当日19日(日)朝6時過ぎには参加チームが続々と到着。




福山大学チームは電気自動車と4サイクルゼロハンカーの2台の車両が参加しました。電気自動車は。3年生の演習科目「EV創作」で製作した車両です。4サイクルゼロハンカーは、学生フォーミュラーに挑戦(みらい工学プロジェクト)からの参加です。

(「EV創作」で製作した電気自動車)

(学生フォーミュラーPJで製作したゼロハンカー)


今年の「8回全日本EV&ゼロハンカーレースin府中」には遠くは石川県、三重県からの参加がありました。全参加台数は45台です。参加車両の内訳は、電気自動車6台、4サイクルゼロハンカー30台、2サイクルゼロハンカー9台です。




レースが始まる前に参加車両をみてみましょう!
フレームはすべて手作りです。参加車両の中には「これ乗れるのかな?」って車両もありましたが、いろいろアイデアが詰まった車両ばかりです。



 

 


レースは予選、決勝の順に進行していきました。
  

  
年々参加車両の完成度も高くなり途中で壊れる車両はほとんどなくなりました。
私はレースを運営していてゆっくり観戦することはできなかったのですが、それでもすごく楽しいレースでした。ブログでレースの楽しさを表現するのは難しい・・・・・


 

レース以外にも福大生は運営スタッフとして活躍しました。コース整備やコースマーシャルなど1日中大活躍です。休憩時間はお昼ご飯の10分だけでした。




学生たちの活躍もあってレースは無事に終えることができました。参加してくれた高校の先生や生徒さんから「すごい楽しかった。また来年来ます。」「府中に来ることは学生たちの目標です。野球部が甲子園を目指すように僕たちは府中を目標に頑張っています。」「K先生(私のことです。たぶん...)に見てもらうために新しい車を作ってきました。」
うれしいです。。。でも忙しくてゆっくり話すことはできませんでした。ごめんなさい。
  
福山大学チームの結果を話してなかったですね。
結果は、2台とも予選落ちでした。一生懸命車頑張っていたのに..... 残念です。
結果は予選落ちですがレース結果以上に得るものがあったに違いありません。
学生がちょっと誇らしく思えた一日でした。

(参加した学生と応援に来てくれた4年生)
学生たは現在レポートを書いています。
次回は詳しいレース結果と学生たちのレポートを紹介します。


学長から一言:学生の皆さん、レース結果は残念でしたが、大会運営、お疲れさまでした。。。レース参加までの作成プロセスと大会当日と、たくさんたくさんのアクティブ・ラーニングでした!!!