2017/11/22

福山大学、電気学会から感謝状を拝受!~スマートシステム学科 仲嶋一教授 電気学会の上級会員に!

こんにちは、学長室ブログメンバーのT-boneです。

本学の研究担当学長補佐も務める工学部スマートシステム学科の仲嶋一教授が、電気学会の上級会員に登録され、福山大学には学会から上級会員の育成(!)に対して、感謝状が贈られました。



本日は、11月20日の学長室での報告の様子を紹介します。

電気学会とは「エレクトロニクス,情報,エネルギー,環境等々広範囲な電気学術にかかわる22000人の会員を有し1世紀以上の歴史を有する伝統ある学会」で、上級会員は、電気学会諸活動に積極的に貢献した者に贈られるものです。

仲嶋教授は「技術委員会の運営や論文、学会での座長等での功績により、今回の登録に至りました。

報告のなかで、仲嶋学長補佐は「これまでの活動を認めて頂き大変有難く思っています。今後も、本務と両立させて学会の活動に貢献していきたい」と語っておりました。



最後に松田学長から「今後も学会活動を通じ、本学ブランディング推進のための研究プロジェクトをはじめとした研究成果を広く公開していくよう努めて下さい」との言葉があり、記念撮影を行いました。



仲嶋教授、おめでとうございます!



学長から二言:電気学会は、明治21年、かの榎本武揚が逓信大臣の時に創設し初代会長も勤めたものだそうで。。。突然大河ドラマの世界に入り込んだような。。。大学宛には大きな大きな感謝状が、ご本人宛には小さいけれどもなかなかこったケースに入った上級会員の認定証が届きました!仲嶋教授、ますますのご活躍を!!!







2017/11/21

今年度もコンケン大学(タイ)薬学生の実務実習を支援!

こんにちは、薬学部の学長室ブログメンバーGoです。
薬学部 杉原教授より、コンケン大学薬学生の実務実習についての報告です。

↓ ↓ ↓

タイの首都バンコクから飛行機で北東に1時間ほどにあるコンケン市から、コンケン大学薬学部6年生2名、Ms. Jiramars Kajuysang(ニックネーム Grace)、Ms. Thanapanramon Phadungkit(Venus)が来日し、9月18日(月)から10月27日(金)までの期間、福山近郊の施設で実務実習を受けました。コンケン大学生の本学への来校は今年度で4回目になります。今回も松田学長や鶴田薬学部長が学生達を暖かく迎えました(写真1, 2)。

写真1 学長室を訪問

写真2 薬学部長室を訪問
本学薬学部は、コンケン大学生の実務実習全般を支援し、実習シラバスの作成や協力施設との調整等をおこないました。実務実習の内容は、日本の優れた医療現場を見聞すると同時に、本学学生との交流を図り、本学学生にとっても貴重な体験の機会となるように検討しました。

コンケン大学生の授業への参加に際しては、山下 純 准教授など薬学部の教員による協力がありました。客員教授の菅奈奈美先生の医療コミュニケーションの授業で、本学の学生は、「相手に合わせる気遣い」をテーマとして、コンケン大学生との交流を通して学修しました。本学学生の多くが語学の壁を高く感じているようでしたが、積極的に話かけてくれる学生や気遣ってくれる学生もおり、医療コミュニケーションの授業がとてもよい国際交流の場となりました(写真3-1, 3-2)。コンケン大学では英語による授業がおこなわれているため、コンケン大学生は流暢に英語を話すことができます。入学時は英語での授業についていくのが大変で、母国語での補習授業にも出席したそうですが、卒業年次になると高い語学力が身に付いており、海外での実務実習が可能となるレベルに達するようです。英語の修得は、学修の可能性や将来の選択肢を広げる上からも重要であると思いました。

写真3-1 医療コミュニケーション授業

写真3-2 医療コミュニケーション授業
セルフメディケーションの演習では、瀬尾講師が、タイでも対策が必要とされている慢性閉塞性肺疾患(COPD)や耐糖能異常の簡易スクリーニング方法について紹介し、学生自らがセルフチェックを行いました。また、高機能患者シミュレータに、COPD患者、低血糖や高齢者の状態を再現させて、その状態をアセスメントする学修もおこないました(写真4, 5)。

写真4 セルフメディケーションの演習

写真5 高機能患者シミュレータを使った演習
学外研修では、4ヶ所の地域薬局と2ヶ所の病院、福山市保健所ならびに福山市社会福祉協議会のご協力を頂きました(写真6-8)。特に今回は病院長のご厚意により、JA尾道総合病院で最も長く学修させていただき、薬剤部だけでなく、様々な診療科での薬剤師の活動や手術室やICU等の見学実習、地域薬局と病院薬剤部との薬薬連携などを学修することができ、充実した内容となりました。

写真6 基幹病院薬剤部での見学実習

写真7 健康サポートを実施している薬局施設での学修

写真8 保健所施設の見学
福山すこやかセンターの敷地の一角にある、夜間だけ開いている福山夜間成人診療所の前で。
隣接して小児夜間診療所もある。
ハートビル法に基づいて設計されている福山すこやかセンターを、社会福祉協議会やボランティアの方が案内してくださいました。障害者も使いやすいように施設内の随所でおこなわれている工夫を学修しました。
その他、コンケン大学生たちは、地域薬局の施設で開催された研修認定薬剤師制度対象研修会の講師を務め、タイの薬学教育や薬剤師の業務について紹介してくれました(写真9)。日本とタイでは薬剤師の役割に大きな相違はありませんが、医療制度や社会的な環境の違いから、タイでは日本以上に薬剤師の活動の領域が広いという印象があります。その一つとして、処方箋がなくても、タイの地域薬局では医療用医薬品を地域住民に対して薬剤師の判断により提供できるという点が挙げられます。日本でも医療用医薬品が処方箋なしで購入できるOTC薬、いわゆるスイッチOTC薬への移行が進んでいるところですが、課題が多く、遅々とした現状にあります。講演会に参加した薬剤師の方々から、いろいろな質問が寄せられ、タイの状況は日本での将来の薬剤師の役割を考える参考になったようでした。

写真9 研修会でタイの薬学教育や薬剤師の役割を紹介
写真10 大学祭前日の餅つき大会
最終日は大学祭の前日に当たり、餅つき大会に本学学生達と一緒に参加しました(写真10)。タイにももち米はあるそうですが、杵でついて餅にする習慣はなく、日本の伝統行事を体験する機会になりました。学生達と一緒に避難訓練に参加した後、学生主催のオープンセミナーやさよならパーティーで本学学生と和やかに楽しく交流しました(写真11, 12)。医療コミュニケーションの授業で親しくなった本学学生も参加してくれました。


写真11 学生主催のオープンセミナー

写真12 さよならパーティー
滞在期間中の天候ですが、コンケン大学生が到着した9月18日は台風18号の影響で大荒れの天候でした。さらに、台風21号の影響で福山市主催の“健康ふくやま21フェスティバル2016”への参加が中止となりました。帰国日の10月28日は沖縄沖に発生した台風の影響を受けて低気圧が停滞し悪天候となりました。台風による影響に加えて、週末もほとんどが雨で、天候に恵まれない実習期間でした。それでも各地に出かけ、休日は日本の観光を楽しんでいました。平和学習として訪れた原爆ドームと平和資料館は、工事中のため一部の見学だけになりましたが、原爆の悲惨さに強く心を揺さぶられたようで、たいへん長い時間をかけて展示資料を閲覧していました。

コンケン大学生達は、6週間の実務実習を無事に終了し、タイに帰国しました。多くの方々のご協力により、充実した実習を受けることができました。ホスピタリティに溢れた温かいご指導やご厚情に深く感謝いたします。本学の薬学生にとりましては、海外の薬学生と触れ合う貴重な機会になりました。また、タイの薬学教育を通して、優れた英語力や高いコミュニケーション力、しっかりとした薬学の知識を修得しているコンケン大学の学生達から、良い刺激を受ける機会になりました。

薬学部 教授 杉原成美


学長から一言:毎回、素朴な雰囲気の、とてもしっかりした学生さんが来られますね。。。親日家、新福山家になって、帰っていただいているようです。。。一緒に学んだ薬学部生の皆さん、将来どこかで遭遇しますよ!?!



東京大学武田晴人名誉教授のご講演(2017年度第4回備後経済研究会)

学長室ブログメンバーの張楓です。このたび、幹事をつとめております備後経済研究会による「2017年度第4回研究会」の開催案内をさせていただきます。
-------------------------------------------------------------------------------
・第4回備後経済研究会
日時:2017年12月18日(月)18:30~20:30
場所:学校法人福山大学宮地茂記念館(JR福山駅北口徒歩1分)
報告:武田 晴人(東京大学名誉教授)
内容:経済成長論の限界 ―日本の経験から考える―
概要:1990年代以降日本経済の「不況」が長期化し、深刻な問題が顕在化していると語られています。この現実を「停滞」というようなマイナスのイメージを伴う言葉で危機をあおることは、現状の正当な認識を妨げ、必要な方策を考案することを難しくしています。そこで、量的な拡大にこだわることなく、質的な発展を目指すという視点で現状を見直し、何が解決すべき問題であるのかを日本に即して考えてみたいと思います。
ご略歴:1949年4月 東京に生まれる。
    1979年3月 東京大学経済学研究科博士課程単位取得退学。
    1979年4月 東京大学社会科学研究所助手。
    1981年4月 東京大学経済学部助教授。
    1991年6月同教授(2015年3月まで)。
ご専攻:日本経済史
ご近著:通商産業政策史編纂委員会編『立地・環境・保安政策』経済産業調査会、2011年
    『脱・成長神話:歴史から見た日本経済のゆくえ』朝日新聞出版、2014年
    『原子力安全・保安院政策史』(共著)経済産業調査会、2016年
    『鈴木商店の経営破綻』日本経済評論社、2017年
    『異端の試み:日本経済史研究史を読み解く』日本経済評論社、2017年
    ほか多数。
コラム:
  異端の試み
  研究室の我楽多箱


備後経済研究会は備後地域の企業・経営者を研究し、産業集積地としての備後地域の特徴を明らかにすべく、本学教員にとどまらず、企業経営者や行政関係者、さらに他大学の研究者にもご参加いただき、研究成果の報告やそれにもとづく活発な議論を行うと同時に、企業へのインタビューや論文の公刊、備後地域の皆さんに向けた研究発表を活発に行っています。

研究会は34ヵ月に1度のペースで開かれています。高校生でも大学生でも企業経営者でも、どなたでも参加は自由です。興味のある方は一度、備後経済研究会のホームページをご覧ください。サイト内では過去の活動内容とともに、多くの研究成果(ディスカッションペーパーや論文)がアップされています。
入手できない場合、張楓(kaede@fuec.fukuyama-u.ac.jp)までご連絡ください。


2017年度第1回、今泉飛鳥講師(埼玉大学大学院人文社会科学研究科)
2017年度第2回、松永安光代表取締役(株式会社近代建築研究所)
2017年度第3回、石原俊彦教授(関西学院大学大学院経営戦略研究科)

学長から一言:いつもいつもこの研究会では、なかなかお話を聴く機会のない、そしてとても魅力的な講師の登場ですねッ!!!ぜひお出かけください。。。とりわけ、学生諸君!君たちの担う未来のことですよ!!!


2017/11/20

しんくみビジネスマッチングで企業と交流!(社会連携センター)

こんにちは、学長室ブログメンバーの社会連携センター 中村です。

 今回は、11月15日(水)10:00~16:00に開催された「しんくみビジネスマッチング」への出展模様です。今年度は、第1回第2回に続き、第3回になります。

開催場所は、笠岡総合体育館(岡山県笠岡市平成町63-2)で、岡山県内を問わず様々な業種の企業127の企業や機関などが一堂に会して、販路開拓および仕入れ先の開拓や企業間連携の促進等のための商談と、公的支援機関による経営支援策の活用に関する相談を積極的に進めていくための催しです。

福山大学社会連携センターは支援相談機関として参加しました。
 
 と言うことで、いつものように写真を用いながらビジネスマッチングの様子をお伝えします。
---------------------------------------------------------------------------
 10時になると、笠岡放送の細川アナウンサーによって、しんんくみビジネスマッチングのセレモニーが始まり、岡山県信用組合協会の山本会長、笠岡市の小林市長のご挨拶がありました。
 
 
セレモニーでは、一般社団法人 全国信用組合中央会が主催した第7回懸賞作文「小さな助け合いの物語賞」に岡山の高橋様が「しんくみ大賞」に選出されたことから、女優の本仮屋ユイカ様による代読音声が会場で紹介されました。


セレモニーの終了後、しんくみビジネスマッチングの交流会は、岡山県信用組合協会 呉副会長のご挨拶によって始まりました。


総合体育館全体のパーティションは、第1回を踏襲し、「ステージ」「食に関するゾーン」「ものづくりゾーン」「生活に関するゾーン」「交流ゾーン」「相談ゾーン」に分けられています。

社会連携センターは「相談ゾーン」に配置されましたが、このゾーンには岡山県内の大学や団体など19の機関が集められています。

マッチング会場は背板を両側に設けた通路形式になっており、通路数は6通路でした。午後は参加企業によるプレゼンテーションも行われました。
私たちのブースへ訪問される来客者の応対や他ブースへの訪問を通して、研究者情報一覧研究成果発表集を用いて、福山大学社会連携センターの運営目的を説明するとともに、参加大学の連携状況の把握や参加企業とのマッチングの可能性の拡大に務めました。
出展者は昼食になると、体育館の外に出て屋台で販売されている食べ物を購入して美味しそうに食べていました。中でも牛肉の竹差しを焼いたときの食欲をそそる香りが風と共に漂ってくると、ついつい屋台の方を見てしまいます。

ビジネスマッチングの最後には、展示ブースの飾りつけ優秀者を投票によって選んで表彰されていました。おめでとうございます。

今回の出展企業は、笠岡市および福山市以外にも、岡山市や広島市などからもあり、備後圏域以外の異なる行政区域との連携も重要と捉えつつ、他圏域と多くのビジネスマッチングが更に芽生えればと願っています。


学長から一言:社会連携センターの中村助教にはお疲れさまでした。。。新しいマッチングが芽生えるとよいですねッ!

平成29年度 文部科学省私立大学研究ブランディング事業に選定!!

みなさん、こんにちは。海洋生物科学科・学長室ブログ委員の Kenji♪ です。

この度、文部科学省私立大学研究ブランディング事業に、昨年度から取り組んでいる福山大学のブランディング推進のための研究プロジェクト「瀬戸内の里山・里海学」から選んで申請した事業計画が選定されました!!

生命工学部工学部大学院工学研究科グリーンサイエンス研究センター内海生物資源研究所安全安心防災教育研究センターが一体となって参画し組織された福山大学の研究・教育の大型プロジェクトです!!

このプロジェクトのテーマは、「瀬戸内海 しまなみ沿岸生態系に眠る多面的機能の解明と産業支援・教育」です。

その概要は・・・
瀬戸内海中央部・芸予諸島の周辺浅海域を舞台に、最新のテクノロジーを用いて藻場・干潟および周辺生態系を明らかにし、沿岸生態系に眠る多面的機能を洗い出すことで、①新産業の創出に資する知見を得るとともに、②備後圏域の産業の活性化と島の過疎化改善を目指すものです。
また、沿岸生態系の恩恵を未来永劫享受するための人と自然の共生システムの構築を目指し、この成果を基にして、沿岸生態系の研究と教育の拠点とし情報発信を行う福山大学ブランドに築き上げることです。

この研究プロジェクトの主たるキーワードが、「里山里海」です。

福山大学の所在する備後圏域は、我が国有数の里山地域であり、豊穣の里海 “瀬戸内” の中心に位置し、島嶼の集中した「しなまみ」の入り口でもあります。

その一方で、備後圏域は歴史的にものづくり産業で栄えた地域であり、機械金属工業をはじめ、繊維・木工・食品など特色ある地場産業が集積した地方都市群を内包し、人と自然の関わりの深い地域でもあります。

昨今、地球規模での環境の悪化・生物多様性の消失の危機が叫ばれる中、人との関わりの中で生物多様性を育む里山里海を研究し自然共生社会への道を模索するとともに、それを維持しつつ資源を利用し、ものづくりを含む経済活動や文化活動を活性化することが、次の世代に対する我々のなすべき義務と考えます。

備後圏域はこのような取り組みに最適の環境であり、里山里海に根ざす未来のまちのあり方を提示する 【 瀬戸内モデル 】 の構築に全学を挙げて取り組み、これを福山大学ブランドとして確立することを目指します。


≪ 瀬戸内の里山里海学 ≫

里は、ひと・まち・くらしを支えています。
そこには、森林、田畑、池、河川、干潟、藻場、島嶼、海洋などの環境が深く関わり、それぞれに繋がっています。

自然共生社会・生物多様性保全・持続可能社会を、テクノロジー(生命工学・工学・薬学)と社会・文化(経済学・人間文化学)で捉え、人と自然の共生システムの構築を目指します。


そこで私たちが目指すものとは・・・

里山里海の自然の把握(先端テクノロジーによる生物多様性涵養機能の解明)
里山里海の ひと・まち・くらし の創造(自然と共生し、持続可能で住みやすい まち・くらし : 地域社会と連携した里山里海教育)
里山里海の歴史・文化的理解(長期的視点から見た自然・文化研究の重要性の啓蒙 : 文化観光資源開拓)
里山里海の資源利用と経済循環(瀬戸内らしさ、六次産業化、農商工連携)

備後圏域唯一の私立総合大学である福山大学は、「備後地域の産学官連携を推進し、地域とのつながり・教育資源を教育の現場に取り入れて人間性を高め、地域を想い、地域を愛し、地域で活躍し、地域から国際社会につながる “未来創造人” の育成を目指します!!

そして、備後圏域に潜在する魅力の創出と、資源・資産を最大限に活用した地域の魅力の顕在化に、福山大学の教職員・学生が一丸となって邁進してゆきます!!
どうぞ、ご期待ください!!


学長から一言:5年間の長期にわたって、文部科学省からの資金援助があります。。。すでに昨年度から大学資金で研究は進んでいますが、これから多方面にわたって、研究が加速するでしょう。。。瀬戸内の里山と里海の維持、活性化、そこに住む私たちの生活の豊かさにつなげて、福山大学と言えば「瀬戸内の里山・里海学!」と連想されるようにしたいですねッ!!!



2017/11/18

生物工学科4年生が「日本ブドウ・ワイン学会」で研究成果を発表!

こんにちは。学長室ブログメンバー、生物工学科・ワイン醸造所長の吉﨑です。
今年発売した「さんぞうの赤」ワインに使われた福大オリジナル酵母の研究について、日本ブドウ・ワイン学会で発表してきましたので、生物工学科長の久冨泰資教授より報告します。


福山大学ブランドの第2号である「さんぞうの赤」ワインに関しては、これまでも下記の学長室ブログなどでお伝えしてきました。

福山大学ブランド第二弾、「さんぞうの赤」ワインを発売へ!!
さんぞうの赤

生物工学科4年生の唐川瑞季さんは、「さんぞうの赤」の醸造に用いたバラ酵母1株(リンカーン酵母)とブドウ酵母3株(FGY10, FGY13, FGY18)に関して、ワイン醸造への適性について卒業研究を進めています。
4株の酵母

これまでに、これらの4株の酵母は、ワイン醸造に必須な亜硫酸に対して高い耐性を示しながら醸造を完遂すること、糖分をほぼ全てアルコールに転換すること、産生したアルコールに対して高い耐性を示すことなどを明らかにしています。このことから、これらの4株の酵母はワイン醸造に関して極めて高い適性を有していることがわかりました。
唐川さんの研究風景

唐川さんは、本年11月11日(土)・12日(日)に島根県出雲市で開催された「日本ブドウ・ワイン学会 2017年度大会」に参加して、これまでの研究成果を発表しました。発表のタイトルは、「福山市で分離したバラ酵母とブドウ酵母のワイン醸造への適応性(唐川・豊村・吉崎・山本・行安・久冨)」です。
唐川さんと久冨教授

唐川さんの研究発表は大変興味深く、多くの研究者がポスターを訪れて、活発な質疑応答が行われました。持ち時間の45分を大きく越えて、約2時間の間、ひっきりなしに対応し詰めでした。

会場には「さんぞうの赤」も携えて臨み、希望される方には実際に試飲をしてもらい、大好評を得ました。このワインは飲み口が爽やかで雑味がなく、イチゴのような甘い香りを発するのが特徴です。
ワインの研究者や学生達との交流も十分にできて、これからの研究の進展に弾みを得たようです。
ポスター発表時の唐川さん

発表が終わったあとは、山陰の海で捕れた新鮮な魚介類を肴に、またひとしきり「しまねワイン」を堪能しました。錦織選手の大好物であるノドグロ(アカムツ)の塩焼きや煮付けは絶品でした。唐川さんもワインづくしの2日間を十分に満喫していました。酵母の研究とおいしいワインと郷土料理のマリアージュ、最高ですね!
ポスター当日夜の「振り返りの会」

追記)今年も、10月の初めに、上記4株の酵母菌株をせらワイナリーに持参して、仕込みを始めました。そういえば、11/16はボジョレー・ヌーヴォーの解禁日でしたね!まだ飲んでいませんが、楽しみです。
せらワイナリーでの仕込み風景


学長から一言:唐川さん、学会発表、お疲れさま! 来年は、この酵母の三蔵のワインが飲めるのかな?!?「お・た・の・し・み」!!!

新たなグローバル人材育成プログラム「ニュージーランド経済とビジネスイングリッシュ」(経済学部)


こんにちは、経済学部の学長室ブログメンバーの藤本浩由です。

国際経済学科の萩野教授より、広島県東部3大学連携による新しいグローバル人材育成プログラムについての紹介です。

----------------------------------------------------------

福山大学経済学部教授の萩野です。11月18日(土)から、福山駅前にある福山大学宮地茂記念館で、「ニュージーランド経済とビジネスイングリッシュ」の教育プログラムが始まりますので、お知らせします。これは、来年2月にかけて、土曜日の午前中に講義を行い、ニュージーランドにおけるビジネスを学ぶと共に、英語力を引き上げて、2月17日から2週間、ニュージーランドに研修旅行に出かけようというものです。



このプログラムは、幸いにも、平成29年度大学連携による新たな教育プログラム開発・実施事業として、広島県から認定されましたので、同県の補助により、講義は無料で受けることができ、研修旅行も実費の半額ほどで済む、といった大変お得なプログラムになっています。

このプログラム全体の目標は、備後地域における「グローバル人材育成」を行うことです。でも、グローバル人材って、何でしょうかね。海外に進出している企業の方などにうかがうと、よく「チャレンジ精神のある人だ」との回答をもらいます。確かに、グローバル人材と言うからには、全然知らない場所に行って、外国の方と働く訳で、どんな苦労が待っているか分かりません。そんな時、いちいち気落ちしていたら、どうにもなりません。転んでもただでは起きない、という気構えが必要ですね。

今回、何にチャレンジするか。それは、農林水産業です。でも、実際に田植えをしたり、牛から乳を搾ったりするスキルを学ぶ訳ではありません。農林水産業に関わるビジネスを学んでいくのです。皆さん、日々の生活で、どんなことにお金を使いますか?  家電製品や車なんて、1回買えば終わりですよね。むしろ、服、食べ物、家賃、ではないですか? つまり、私たちは、毎日、衣食住にお金を払っていて、相当なビジネスになっている訳です。でも、それが、農林水産業によって成り立っていると気づいたことはありますか?

世界には、農林水産業で国の経済を支えている国があります。それがニュージーランドです。日本の農林水産業やこれに関わるビジネスを振興して行くうえで、特に、瀬戸内の里海や里山を有効に活用して行くうえで、ニュージーランドから学ぶことが大いにあるのではないか、というのが今回のプログラムの問題意識です。農業や水産業では、生産から加工・販売までを一貫して行う「食のバリューチェーン」の取り組みが始まっていますし、林業でも、植林から製材・木造建築にまで繋げていく動きもみられます。しかも、企業は、日本国内だけでなく、ニュージーランドも含め、グローバルに展開し始めています。こうしたことを、実際にビジネスや研究に関わっている方から聞いて、さらに、ニュージーランドで実際に見てやろう。これが、今回の教育プログラムです。それと、ニュージーランドでは、英語を実際に使わなければなりませんので、実戦演習も必要不可欠です。

下記が、今回の教育プログラムの講義日程です。研修旅行は、講義に出席することが参加条件です。一方、研修旅行に行かなくても、講義だけの参加もできますので、学生の方も社会人の方も、土曜日の午前中、知的刺激を受けに、福山大学宮地茂記念館まで足を運んでください。オンラインでの申し込みはこちらで、お待ちしています。





学長から一言:農林水産業の担い手がほとんど個人でしかも高齢化が進んでいる日本の現状にあって、農業等をビジネスの観点から捉え直すというのは、私たちに必須ですねッ!素晴らしい学びになりそうです!多くの学生や社会人の方の参加をお待ちしていま~す!!!